CPSプラットフォーム

エッジ IoT サービス用 プラットフォーム

コニカミノルタはエッジIoT戦略を掲げ、様々な領域で事業を展開しています。そこでコニカミノルタではエッジIoTの共通基盤となるCPSプラットフォーム(Cyber Physical System Platform。以下CPS-PF)を開発しました。
CPS-PFは、エッジIoT戦略で求められる現場での解析処理実行やクラウドとの連携だけでなく、実際に現場に機器を設置する際に求められる機器管理やセキュリティーなどの非機能要求に応えるための共通機能を提供するため効率的かつ俊敏にソリューションを提供できるようになります。

CPSプラットフォームの概要

CPS-PFはクラウド・エッジ・デバイスの3階層からなり、それぞれに求められる機能をあらかじめ用意しています。
CPS-PFの概要図


クラウド

CPS-PFのクラウドサービスでは、データの保管や検索などの管理、メールやモバイルプッシュ通知の送信、機器の管理などを実行するAPIを用意しています。

エッジ

エッジは現場に置かれたコンピューターで、デバイスからの情報を受け取りディープラーニングなどによる処理を実行し、クラウドに結果を送信するなどの機能を担います。

デバイス

デバイスは現場に設置するセンサーやアクチュエーター類、およびそれらを制御する組み込みシステムを指します

CPSプラットフォームで実現できるシステム

よくあるソリューションの例として、現場のカメラデバイスから動画像を取得し、AIで認識させた結果をクラウド経由で閲覧したり、特定状況が出現した場合スマートフォンへ通知したりできます。また、クラウド経由でデバイスの稼働状況も管理できます。 このほか、CPS-PFの詳細についてはテクノロジーレポート「コニカミノルタのエッジIoTを支える CPSプラットフォーム」を御覧ください。

お悩みの方は、お気軽にご相談ください