コンセプト

画像IoTとは

コニカミノルタが培ってきたコア技術を生かした現場(エッジ)から高品質な画像データを収集するデバイス実装技術、様々なセンサーデータを統合し高度な認識・判断を行うAIプラットフォーム、これらの差別化技術を組み合わせた総称を画像IoTと定義しています。
画像IoT技術を用いて様々な「みたい」という要望に対して最適なソリューションを提供することで、画像IoTビジネスの拡大を目指します。
アニメ

なぜコニカミノルタは画像IoTに取り組むのか?

B2Bのものづくり領域では、ビジネスの現場(エッジ)を起点に、各種センサーから高品質なデータが得られ、それを元に高品質なアルゴリズムを開発し、リアルとサイバーをリアルタイムで処理していくことが可能です。その際、医療や製造業の実務に耐える精度を持つかが重要になってきます。
コニカミノルタは、現場(エッジ)から画像データを収集する優れたデバイスを有し、またグローバル150か国200万社の顧客が抱える課題に、リアルに接することができる立場にあります。
現場(エッジ)起点の「高品質なデータ」と、そこで「働くプロフェッショナル」の両方にアクセスした上で、画像認識に特化したディープラーニングに磨きをかけられるのが、コニカミノルタの画像IoTの強みです。
この強みを生かして、現場(エッジ)にいるプロフェッショナル(Professional)を支援する「B2B2P」領域で、ハードとソフトの両面で最適化された画像IoT技術を使ったソリューションを提案していきます。


コンセプト

コニカミノルタの画像IoT戦略

コニカミノルタは、社会課題を解決する最適ソリューションを提案し続けることで期待される企業になるために、課題提起型カンパニーへのデジタルトランスフォームを進めています。
これらの社会課題には例えば医療・介護需要の増大や労働力不足がありますが、コニカミノルタの画像IoTビジネスでは、お客様の様々な“みたい”という要望に対して、画像IoT技術を生かした高付加価値なサービスで応えています。
この画像IoT技術では、コニカミノルタのコア技術を生かした画像入力デバイスから得られる特殊な画像・動画の情報と、様々なセンサーデータを統合し、AI処理による高度な認識・判断をリアルタイムに現場(エッジ)サイドで実現します。
さらに、画像 IoT技術を使ったソリューションから得られる現場(エッジ)の時系列・周辺データを分析することで、新たな高付加価値のデータサービスも提供できます。


コニカミノルタの画像IoT戦略

今後の展開

今後の展開
コニカミノルタは、課題提起型 デジタルカンパニーを目指すなかで、 独自の画像IoTビジネスを推進しています。
コニカミノルタの画像IoT技術の強みは、画像認識技術を活かしたAI処理を、お客様の現場(エッジ)で行えることです。大容量のAI処理を、サーバーではなく現場(エッジ)で高精度かつリアルタイムに実現できることが、高付加価値の源泉になります。
この強みをベースに差別化するため、画像IoTビジネスのターゲットを、「人行動」「先端医療」「検査」の3つに絞り込み、各領域で最先端の技術を追求し、AI技術の要であるアルゴリズムや、AIシステムの開発を今後も強化していきます。
コンセプト
コンセプト
トップメッセージ
トップメッセージ
技術
画像IoT技術

お悩みの方は、お気軽にご相談ください