AI技術開発

AI技術戦略とは

コニカミノルタの画像IoTのAI技術は「人行動」「先端医療」「検査」の3つのカテゴリーに絞って必要なAI技術開発が行われています。
この3つのカテゴリーはエッジ戦略をとるコニカミノルタと整合が高く、応用範囲が広いことが特徴です。
画像・動画は、大量のデータを学習する必要があるため、コニカミノルタではこの3つのカテゴリーに特化して、最適化のための独自の学習環境を整備しています。
画像・動画のAI処理は、クラウドの豊富なリソースで実施するやり方もありますが、コニカミノルタは情報機器や医療機器の画像処理を高速に行ってきた経験と、メーカーの強みを生かして、エッジ側 (組み込み機器やオンプレミスのサーバーなど) に、低消費電力で高速なAI機能を実装します。
すなわち、End To EndでAIシステムを最適化できる技術を持っていることが強みであり、コニカミノルタの画像 IoT戦略の基本になります。
AI技術戦略とは

認識精度の高さと高速処理を両立した「人行動」認識技術

コニカミノルタの「人物行動」カテゴリーにおける AI 技術開発では、Deep Learning を活用した人検知・姿勢推定・行動認識などのアルゴリズム開発を進めています。大量の現場画像を学習させることで、どのような環境でも誤認識しない、ロバストな「人行動」認識技術の開発を行っています。
実際に、単眼静止画像からの人検知・2D姿勢推定において、認識精度の高さと高速処理の両立を実現し、すでに次のような事業に活用しています。

HitomeQ ケアサポート(ヒトメク ケアサポート)

普及が進むこれまでの姿勢推定技術は、カメラで人を横から撮影することを前提としていて、そのままではこのHitomeQ ケアサポートでは利用できません。そこで、天井のカメラからでも認識可能な姿勢推定手法の開発に取り組みました。頭部や下腿部といった人体部位の位置関係を特徴量として用い、人物領域とその姿勢を推定する独自のアルゴリズムを開発しました。

データに基づいた新しい介護オペレーションを実現する「HitomeQ ケアサポート(ヒトメク ケアサポート)」の行動認識に活用

ーHitomeQ ケアサポート(ヒトメク ケアサポート)

go insight

この「人行動」認識技術は、店舗における購買行動プロセスをデータ分析してマーケティング活動につなげる「go insight」サービスで、顧客の滞在時間・棚前行動などの分析にも活用されています。
新たに開発した人検知・姿勢推定アルゴリズムは、世界トップレベルの認識精度と高速処理を両立する技術として、コンピュータービジョンの最難関国際学会であるECCV2018で発表しています。

ーgo insight

お悩みの方は、お気軽にご相談ください