中国国際輸入博覧会(CIIE 2020)にRunalyticを出展

コニカミノルタは2020年11月5日(木)~10日(火)に中国・上海市で開催される第3回中国国際輸入博覧会(China International Import Expo:CIIE 2020)に出展します。コニカミノルタブースでは、これまで長年培ってきた光学・画像のコア技術にIoTとAIを組み合わせた「画像IoT/AI技術」を活用した市民ランナー向けフォーム改善支援システム「Runalytic(ラナリティック)」を展示し、デモンストレーションを行います。

中国国際輸入博覧会は習近平国家主席が主導し、中華人民共和国商務部・上海市人民政府が主催する輸入に特化した博覧会で、世界各国から2000社以上、日本からは200社以上の企業が出展を予定しており、コニカミノルタとしては初出展となります。
コニカミノルタは多くの製品・サービスを出展する中で、特に独自性のある先端技術の一つとして、画像IoT技術を活用した市民ランナーのためのフォーム改善支援システムであるRunalyticを出展し、お客様の「みたい」に応え、顧客が抱える課題や数々の社会課題をコニカミノルタ独自のDXで解決できることを示していきます。

Runalyticについては、本サイトで紹介しておりますので、ご興味のある方はRunalyticの機能・要素技術をご確認ください。
Runalytic出展ブース(イメージ)
Runalytic機能画面

 

 

中国国際輸入博覧会(CIIE 2020)概要

 

【会期】 2020年11月5日(木)~10日(火):6日間

【会場】 国家会展中心 Hall 3 Booth A2-005

【Webサイト】 https://www.ciie.org/zbh/index.html

画像IoTの事業・技術について お気軽にお問い合わせください